前へ
次へ

離婚裁判で別居期間はどれ位重要か

現在、離婚裁判において別居期間が5年以上あれば簡単に離婚が認められるというものではなく、「その他婚姻を継続し難い重大な事由がある」かどうかの判断をする際にその期間が考慮されます。
つまり、5年以上別居しているというのはあくまでもサブ的な条件だと考えて良いでしょう。
また、離婚原因を生じさせた方(有責配偶者)が離婚請求をした場合には、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」があっても簡単に離婚は認められません。
というのは、例えば不貞をした夫がそのために夫婦関係を悪くし「婚姻を継続し難い」ものにしたのに、その張本人が「婚姻が継続し難いから離婚したい」というのはあまりに身勝手で倫理に反するからです。
ただし、例外があり状況が変化した場合などは認められるケースもあります。
例えば別居期間が双方の年齢及び同居期間と比較してかなり長期間に及んでおり、その間に未成熟の子どもがいない場合には、有責配偶者からの請求であっても離婚裁判において認められる可能性もあります。

Page Top