前へ
次へ

婚約破棄に関する離婚裁判における慰謝料請求

婚姻関係は結婚をしていないと発生せず、結婚をしなければ当然ながら離婚もありません。
では婚約は法律上どうなるかですが、婚姻届けを出していませんから互いに夫婦ではなく婚姻関係も認められません。
ただ婚約は将来的に婚姻関係を結ぶ契約になるので、一方的に婚約破棄をするとなると相手が大きな損をこうむることがあります。
婚姻関係を結んでいないからと通常の離婚裁判のようには行かないと考えるのでしょうが、実際は慰謝料の支払いが認められることもあります。
婚約指輪を男性が購入して女性に渡そうとしたところ女性から一方的に婚約の破棄を伝えられたことに関する離婚裁判があり、判決としては女性側は婚約指輪の代金と慰謝料の支払いが言い渡されました。
ポイントは女性側が主張する婚約破棄の理由があいまいだったことで、弁護士側がその部分を裁判で追及して裁判所も女性側の言い分を退けました。
婚約と言っても場合によっては慰謝料が請求でき、慰謝料の支払いが必要であることを知っておきましょう。

Page Top