前へ
次へ

嘘の不倫発言が離婚裁判でどう影響するか

ある芸能人が不倫は文化と言って大騒ぎになりました。
もてる人にとっては配偶者以外の人との関係を楽しみたい気持ちもあるのでしょうが、不倫をされた方にとってはたまったものではありません。
婚姻中に相手が不倫をしていたのであれば離婚をする理由としては有効になります。
離婚裁判をしたときにも証拠が提示されることによって不倫をした側に対して慰謝料請求の判決が出るときもあります。
事情によって不倫をしたと嘘を言ってしまったとき、その嘘の不倫発言は離婚裁判にどう影響するかです。
残念ながら嘘であったとしても本人が発言した記録などが証拠として提出されれば不倫があったとみなされる可能性があります。
となると離婚が成立し嘘とはいえ慰謝料の支払いが命じられる可能性があります。
このときの事情が相手に問題があった時、その問題を証明すれば相手にも問題があるとして慰謝料の軽減は可能です。
ただ嘘の不倫発言が消えることはないので、夫婦間の発言としても十分注意しなければいけません。

Page Top