前へ
次へ

離婚裁判で不倫による慰謝料を減額してもらう

離婚理由で一定割合あるのが一方の不倫でしょう。
不倫をした方としては二度としないと謝りますし、された方は許せないとして離婚を訴えてきます。
さらに不倫をされて精神的に落ち込んだことによる慰謝料の請求をされることもあります。
慰謝料の請求に関しては離婚裁判によらなくても本人や弁護士から行うことができます。
ただ慰謝料に関してはいくらでも請求していいわけではなく、それなりに相場が決まっていることを知っておく必要があります。
ある夫婦において夫が浮気をして妻が離婚を請求しました。
さらに妻は夫の浮気相手に慰謝料を請求して受け取ります。
そのうえで夫にも慰謝料を請求してきたので、夫側が慰謝料が高額すぎるのではないかと離婚裁判を起こしました。
夫側は不倫を認め慰謝料の支払いにも応じるなど誠実に対応したので、裁判所は夫に対する慰謝料の請求額の減額を命じました。
慰謝料の額があまりに不当だと感じるのであれば、弁護士に依頼して減額してもらうようにしましょう。

Page Top